ステビアと石臼

テレビを見ていたら石臼を使って穀物を粉にする場面が映された。

そういえば、何年か前の誕生日に、石臼をプレゼントでもらったことを思い出して早速取り出してみた。
一回も使ったことがないのでまずは水洗いをしてよく乾かした。

しかし、何を挽こうかと考えてしまった。
大豆もヒヨコマメもあるのだが、これを挽いてどうするの?ということだ。

そこで乾燥ハーブの貯蔵しているところを材料を求めて探し回ったところ、ステビアが出てきた。
この葉自体は数年前の収穫だから大丈夫かなと思いながら、石臼利用の第1回目をステビアに決定した。

画像

まあ、こんな写真となる。
(ちなみに作業したのは昨夜8時過ぎ・・・。)

これをマニュアル通り3秒程度で1回転させる速さで挽いていると次第に石臼の周りの溝に挽かれたステビアが抹茶のような色合いで溜まり始めた。
画像

色合いといい、細かさといいまさに抹茶的なのだが、実際はもっと荒く惹かれているようだ。
大体、目に見える形で葉の繊維も出てくる程度の細かさである。

ある程度挽いたところで、これを飲んでみたくなった。
画像


小さじの先端にほんのちょっとだけこの粉を掬ってティカップに入れ熱湯を注いでみた。
結果は下の写真通り、かなり濃い緑色のティとなった。
画像


しかし、これはステビアである。
砂糖の200倍程度の甘さのあるノンカロリーのハーブである。
使った量は本当に僅かだったが、甘味は強く十分に普段使いが可能な自然甘味料ができた。

しかしかなりの甘さであったので血糖値の上昇が心配になり、飲んだ後に、血糖値を測ってみた。
食事をして3時間が経過し、ステビアを飲んでから30分が経過した時点での血糖値は「100」ちょうどで、正常の範囲内に収まっていた。
これならどんどん利用できるということになる。
今年もせっせとステビアを栽培する必要がありそうだ。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック