つくさんぽ 10月その1

ここにきて「つくさんぽ」の話題が続いている。

実は、茨城ヘルスロードというのがあって、近場を含めて、比較的距離の長いところを歩いているからである。

茨城県全体で240か所程度あり、その延長は1000kmに達する。


そんなわけで、10月7日(水)は地元の研究学園都市コース(北回り)を歩いてきた。

距離は9kmで、スタートは午前9時15分、ゴールは午前11時10分であった。

出発地点はTsukuba-Expressの終点のつくば駅からである。
画像


このガラス張りの円筒形の下につくば駅がある。

このあたりが大体市の中心街と言っていいだろう。

デパート、大手スーパー、ホテル、FM局、大型ホール、銀行、証券会社、官公庁、シネコンプレックス等々があり、土曜日・日曜日や平日の夕方以降は結構賑やかな通りである。


このスタート地点から3kmほど歩いたところにあるのが筑波大学の入り口(グランド口)である。
画像


また、筑波大の入り口とは道路を挟んで国立科学博物館「筑波実験植物園」がある。

この筑波実験植物園に行くときはいつもは車を利用するのだが、自宅から歩くとすれば13㎞程度あって、実際にはとても歩ける距離ではない。



さて、筑波大学に接する道を通って、しばらく北上すると近頃では珍しいカラタチの垣根があった。
画像


しかも、実がついている。
画像


この棘が危険ということで、最近ではカラタチの垣根を作っているところは極めて少なく、本当に珍しいというのか懐かしい風景に出会った気がした。

そして中間地点を過ぎたあたりで、でっかいアンテナにぶち当たった。
画像


つくば市ではあちこちから見えるこのアンテナなのだが、こんなに近くで見たことはなかった。

帰宅後調べてみると「つくばVLBIアンテナ」という名称で億年光年の星の観測をしているらしい。

日本のうるう秒などの対応をしているところいう記述もあった????


そして、ほとんど終りに近くなったところで、「秋」に出会った。

ここは国道408号線の歩道部分である。
画像



落ち葉が一面に敷き詰められて、ススキを見るよりもフジバカマを見るよりも秋という感じだ。


そして、この道の最後の角を曲がると、ゴールである。
画像



小汗をかいたもののそのまま西武に入り、昼食用として牡蠣弁当を購入して帰宅した。


それにしても、ヘルスロードを歩くのは今回で13回目になる。

詳細は以下の通りだ。
画像



あと1回で、ヘルスロード100km達成なのだが・・・。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント