まだ冬

立春を過ぎたとはいえ、まだまだ寒い

昨日の散歩は、高崎の森までの往復約6kmであった




一般道から林の中に入る道には大正時代に建てられた道標があった

画像


刻まれた文字は

「正面小茎天寶喜牛久停車場」である

まあこれは

「真っ直ぐ行くと、小茎(おぐき)地区、天宝喜(あまぼうき)地区、そして牛久駅ですよ」

て言うことらしい





そしてこの道標を越えて少し入ったところが

画像


こんな林間道路だ

もう少し季節が動けば鶯の軽やかな鳴き声が聞こえるようになる





さらに進むと

画像


「遠山に陽の当たりたる・・・・」的な

原っぱに出る。
















目的とした高崎の森の休憩所横では

画像


桜の花芽がまだまだ固く、寒さに耐えている










そして、帰りに道に


畑に寄ってみた


画像


年末からほどんと手入れをしていなかったせいもあって

荒れ放題となっていた




写真は「ホースラデッシュ」である

この枯れた茎葉を取り除くころ・・・・多分3月中旬かなぁ・・・

新芽が伸び始めるだろうし

今年は可憐な白い花も期待できそうだ




が、今はまだ冬















この記事へのコメント