ラムズイヤー

久しぶりに畑に立ち寄ったら

ラムズイヤーに花が咲いていた。

052901.jpg

独特の花なのだが、ハーブの1種である。


ハーブとしての利用方法は不明なのだが、

葉を揉むとパイナップルのような香りがする。

以前に利用した時は、花が咲くころに根元から採り

乾燥させてドライフラワーとしていたことがある。





もうちょっと近づいて撮ったものがこれだ。

052902.jpg

花自体はせいぜい1cm程度のものである。




ラムズイヤーと言われる所以は、

052903.jpg

こんな葉の伸びた状況が、子羊の耳を想像させるからで、

名前としてはかわゆい名前である。

茎を触るとわかるのだが、茎が四角形であることから、

シソ科の植物であることが分かる。





この葉を近接撮影したものがこれだ。

052904.jpg

手触りも良く本当に子羊の耳のような

柔らかで温かい感じがするではないか。

(本物の子羊の耳を触ったことはない m(__)m )





ということなのだが、そろそろ畑の整備をしなければならない。

既に荒れて草ぼうぼうになりつつあるので、

今日は1日、畑の草取りに勤しみ、

そのあと、バジルやハバネロ等のハーブの植え付けに

汗をかかねばならん     orz




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

2020年05月29日 22:00
変わった花ですね~
私も触ってみたいです、気持ちよさそうです。
大きな口を開けてアクビをしてるように見えますね、この花。
そこも可愛さのポイントかな (^o^)
ツクバトロプス
2020年05月30日 06:32
無名子さん、コメントありがとうございます。

>大きな口を開けてアクビをしてるように見えますね、この花。
>そこも可愛さのポイントかな (^o^)

花はバジルなどと同じ唇型で、これはシソ科共通の形なのですが、花弁の外側にもモコモコの羽毛みたいのがあるので、独特の形に見えるのかも。

確かに大きなあくびのように見えますね。