ヤーコンのきんぴら

昨日午後に畑に行きウコンを植えるための準備をしてきた。

先ず鍬で耕しそこに腐葉土と苦土石灰、更に油粕を漉き込んできた。

この状態で2~3日寝かしてから芽が出始めたウコンを植え付けるわけである。





この漉き込みの作業が終わった後に

去年から収穫もせずに植えっぱなしになっている

ヤーコンの一株を堀上げてみた。

そうしたらコロコロと小さいヤーコンが収穫できたので

家の持ち帰りきんぴらを作ってみた。




060701.jpg

土をよく落としてから皮を厚く剥いて

それを千切りにする(上の写真)。





フライパンにごま油を入れてある程度温まったところで

千切りにしたヤーコンを入れる。

060702.jpg

ごま油は食材の量にもよるのだが、

今回はヤーコンが460gだったので、ごま油は大匙1杯を使用。
(大匙1杯でも100kcalを超える orz)
(ちなみに、ヤーコンは54kcal/100g)




そして火が通ったところで、

醤油と唐辛子を加えてからめる。

060703.jpg

醤油は目分量なのだが大体大匙3、

唐辛子は今回は手元に一味しかなかったので数振りと言ったところか。





で唐辛子、醤油が絡まって煮汁が亡くなる直前に白ごまを絡める。

水は一切使っていないのだが、ヤーコンから結構な水分が出る。

060704.jpg


 
 
 
 
 
  
 
そして出来上がりはこちら。

060705.jpg

甘味があってホンの僅かだけヤーコンの歯ごたえが残り

今回は成功と言うことになる。



※ ゴボウなどのきんぴらと違い、砂糖や味醂を使わずに済み、また、焦げ付かないフライパンなどを使用すればごま油もいらないので、カロリーを大きく抑えることができる。

※ ヤーコンはフラクトオリゴ糖とポリフェノールが豊富に含まれているので、生活習慣病の予防や老化の予防に役立つと言われているようだ。




ちなみに、初夏から収穫できる「葉」で、毎年ヤーコン茶を作って飲んでいるのだが、ちょっとイガラっぽく不味い・・・が、呑みなれると不味さが美味さに変わり毎日飲んでしまう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント