取り敢えずギブアップ・・・「ナンバンハコベ」でした

雨がやんだ昨日午後にいつもの6.77kmのコースで散歩をしてきた。
その中間地点辺りで、白い花を見つけた。
それなりに大きい花なのだが、周りの緑に溶け込んで、注意をしていなければ気が付かないような花である。
 
 
 
 
 
名前が分からなかったので写真を何枚も撮って帰宅後調べたのだが、まったく分からない。
少なくとも、昨日と今日で5~6時間は費やしたのだが、取りあえず「ギブアップ」ということにした。

その植物の葉と蕾がこれだ。

071501.jpg
 
 
 
 
 

 
 
 
 
  
そして・・・花はだいたいこんな感じで咲いている。

071502.jpg

雨が少し振っていたので、蕾や花弁に水滴がついているのが分かる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
花のほぼ正面から接写したのはこんな感じである。

071503.jpg

「夏」 「野草」 「白花」 「5弁花」等々、いろいろなキーの組み合わせでで検索したがネットでは見つけられなかった。
手元にあった夏の植物図鑑の全ページを確認したのだが載っていなかった。
 
 
 
 


昨日のBastille Dayを理由とした独り宴会@自宅での呑み過ぎもあって今日は頭が重い。
また、雨も細かく降っていて散歩に行ってすっきりも出来ない。
加えて、午後から所用で千葉まで行かねばならないい。
 
 
ということで、取りあえずギブアップ、お手上げといった状況だ。

 
 
 
 
 
 
【追記】2020-07-15 21:03


どうしてもわからなかった名前だったのですが、拙blogをいつも見ていただいている「無名子」さんから「ナンバンハコベ(南蛮繁縷)であっていると思う。」旨のコメントを頂き、ネットで検索したところ、まさにそのものずばりで「ナンバンハコベ」でした。
 
ナンバンハコベの花の先端の切れ込みをもっと深くしたうえで、花弁の横幅をゆったりと広げれば、確かにハコベと同じような花の形になりますね。
子房も蕊のハコベそっくりでした m(__)m

なお、コメントを拝見した時、名前から外来種の植物と思っていましたが、Wikipediaでの確認で「帰化植物ではない在来種」ということが分かり更に驚いています。
 
そしてもうひとつ、恥ずかしながら「ハコベ」って、いつも「ハコベ、はこべ」ってあるので、まさか漢字で「繁縷」と書くとは全く知りませんでした orz

教えていただき本当にありがとうございました。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

2020年07月15日 17:15
こんにちは!
この独特の姿、ナンバンハコベ(南蛮繁縷)ナデシコ科マンテマ属
で、在っていると思います。確認してください。

この花、以前、出会って感動した花のひとつです。
梅雨が開けたら探しにゆこうと思ってます。
ツクバトロプス
2020年07月15日 20:28
無名子さん、お教えいただきましてありがとうございます。

手持ちの図鑑に載っていなかったのでネットで検索し、確かにナンバンハコベ(南蛮繁縷)であることを確認しました。
それにしてもめったに見ることが無い花ですし、もし名前が分からなかったら、今晩も頑張って探そうと思っていたところでした。
本当にありがとうございます。

これからblogに訂正掛けますが・・・全体の流れはそのままにして対応したいと思います。