レモンバーム

昨日は妻の誕生日に付き墓参り orz

そして独り宴会用にCOSTCOにてワインとチーズを購入した。

トマトサラダをメインとするために

完熟物を狙って農業法人「みずほの村市場」へ。

もちろんバジルはみずほの帰りに畑によってゲットしてきた。




ということなのだが、話は全く違って

庭のレモンバームがだいぶ花をつけてきた。

070502.jpg

咲き始めてから2週間ほど経つのだが

その間、次々に咲いては散り咲いては散りを繰り返した。

やっと、綺麗な花となってきたので写真をアップすることにした。

(花は地面に近く雨などが降ると土にまみれてしまう。)



接写したものがこれだ。

070501.jpg


レモンバームはハーブの入門用としてみんな作るのだが

肥料のやり方や育てる場所が上手くいかないと

毎年「葉」が小さくなって使い勝手が悪くなる。

肥沃な日の良くあたる場所に植えて、

2~3年ごとに、秋に株分けして更新していくと良いだろう。






レモンバームは名前の通り、葉がレモンのかをりがする。

シトラールとかシトロネラ―ル等の精油がそれで、

他にポリフェノールやタンニン、フラボノイドも含まれる。

我が家での利用はハーブティして食後に香りを楽しむ程度だが

精油はかなり多方面のアロマテラピーに使われているようだ。

レモンバームとレモンヴァーベナ、それにレモングラスを合わせた

いわゆる「レモニティ」と言われるハーブティは香りも良く美味い。



ところで、蕾はこんな感じだ。

070503.jpg





花は葉の根元につくので葉が茂っていると探すのが難しい。

6月下旬からはレモンバームの細い枝をかき分けながら

開花を確認することになる。




ちなみに横から見ると

070504.jpg

こんな感じで、

シソ科特有のクチビル型の花であることが分かる。




何故か、今年は、レモンバームの花が綺麗に撮れた気がする、

と勝手に自画自賛している自分がいるんだが m(__)m




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント