サルスベリ

 今日は午前中に9.2kmを歩いた。
 帰宅後シャワーを浴びて昼食を取り、そのあと、気になっていた畑に午後1時から3時40分まで行って草取りをしてきた。
 そして帰ってきて2回目のシャワーを浴びたら、流石に疲れ果ててしまっていた。
 その時点でblogの更新がチラッと脳裏を過ったのだが、汗かきまくり⇒シャワー⇒冷房~と来るとどうしてもビールになってしまう。
 そしてビールは1杯(瓶)で抑えることができたのだが、アルコールに対する要求は抑えきれず、バカルディをベースにして100%ミカンジュースを味と香り付けで入れて、それを炭酸で割って飲んでしまった。
 
 
 
 
 
 で、ビールとバカルディ―のお供は昨日と同じ「完熟トマト」である。
0803a.jpg
 昨日のトマトの写真はないのだが、このトマト美味過ぎる。
 バジルの切り方が短冊になってしまっていて、一見すると海苔のように見えるのだが、これはれっきとしたバジルで、今日の畑の草取り後、芽切りも兼ねて収穫したもので新鮮そのものである。
 輪切りにしたトマトにクレイジーソルトを振り、トリュフ入りのextravirginのオリーブオイルを掛けただけのものである。
 冷蔵庫で冷え冷えにしてから食卓に出したら、ビールにも良くあったしバカルディにもピッタリの味であった。




 と言うことで、酒とトマトの話ではなくて今日はサルスベリの花である。

080301.jpg

 この季節になるとサルスベリの花がいたるところで咲き始める。
 比較的大きな高い木が多いのであまり花をしっかりと見る機会がなかった。

 しかし、今日の散歩の中で、たまたま樹高が低くたくさん花のついている木があったのでそばに寄って写真を撮ってみた。




 そして驚いたのは、今まで蕊などは花の中に小さく折り畳まれているんだろうなと勝手に想像していたのだが、そんなことはなかった。

080302.jpg

 なんと派手な蕊があってその周りを更に派手な花びらが取り囲んでいるではないか。

 恥ずかしながら、今までサルスベリがこんな形で咲くとは知らなかった。
 隣の家にサルスベリの花があって、毎年咲いていたのだが、まったくそれに興味なく過ごしていた自分を後悔した。



 で、周りを見たらピンク一っぽい花もあったのでこれもカメラに納めておいた。

080303.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 
 更に、蕊に執心している自分がいるので、それを満たすため接写して、後からトリミングしたものがこれだ。

080304.jpg

 サルスベリってこんなに派手な花なんだ~と改めて知った次第・・・。
 漢字で「百日紅」ってなっているけど、漢字と名前が釣り合っているのではないかと思っている。
 ちなみに、サルスベリの木で猿は滑らないということは以前何かの本で読んだことがあった。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント