チヂミザサ

 先日、手入れのされていない林の中を歩いていたらやたら足元に笹っぽいものが広がっている。
 『嫌だなぁ』と思いつつも、その一角を通り過ぎようとして、その笹っぽいものに花が咲いているのをみつけた。

 これがその笹っぽいもので、地面に這うように広がっている。
101601.jpg
 人があまり通らない場所なのか、細い道を半分ほど覆っていた。





 ところが花はなかなかお洒落な感じである。
101602.jpg
 この時点で即、画像検索をかけてみた。

 その結果が、タイトルの「チヂミザサ」と出た。
 漢字では「縮み笹」ということらしい。 
 命名は、葉の形が笹の葉に似ていて、かつ、波打っているため縮んだように見えるところから付けられたという。
 形態からの命名ということになる。



 それにしてもすっきりとした花である。
101603.jpg
 イネ科ということなので、雌蕊も雄蕊もその特徴となっている。

 ただ、調べていくうちに分かったのだが、このチヂミザサ、ひっつき虫の一つで、粘液で引っ付くので結構嫌われものとのこと。

101604.jpg そういえば、自宅に帰ったら、ズボンの裾に、多分、この種子だと思うのだけれど、数個、緑っぽいツブツブが付いていて、無理の取ろうとしたらつぶれてズボンにしみ(写真⇒)がついてしまった。

 ズボンは春からのスリーシーズン用のトレッキングパンツで、ポリエステル100%のサラッとした感じの生地なんだけれども、粘液でのひっつき虫には勝てなかった orz

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント