アキノタムラソウ

 今日は、つくば市の市長及び市議会議員の選挙日(投票日)である。
 これは午前7時過ぎに済ませて、せっかくの晴れ間なので、現在、洗濯出来上がり待機中である。
 洗濯物を干したら、秋を楽しみにちょっとドライブでもと考えている。

 


 昨日は、冬の散歩コース6.4kmを歩いた後に、所用で牛久駅周辺までバスで行ったので、帰りは歩いて帰ってきた。
 牛久駅から自宅までは約4.4kmなので、昨日は散歩として考えれば10.8kmを歩いたことになる。

 その、冬の散歩コースのところで、朝日にあたって目を引く花があった。
 それがアキノタムラソウである。
102501.jpg
 花の時期としてはもう終期なのだろう、穂状に咲き上がってきたらしく、ほぼ先端の部分に花が付いていて、下の方は既に実を結んでいた。
 花は薄紫の唇型の花で、どう見てもシソ科らしい。
 この時点で、花の名前が分からなかったので、茎を確認して葉の写真を撮ってきた。
 ちなみに茎は、シソ科特有の四角い形をしていた。


 葉はこんな形である。
102502.jpg
 自宅に帰りGoogleの画像検索システム(正式には「Googleレンズ」というらしい?)で検索を掛けたら、即、アキノタムラソウがヒットした。
 
 時期的には真夏ごろから咲き始め11月ごろまで咲くようだ。
 特徴は
 ①薄紫の唇型の花
 ②葉の形が三出複葉であって縁は鋸状
 ③茎は四角でやや粘り気がある
となっている。
 残念ながら、③の「粘り気がある」とは感じなかった。
 雨の後だったからだろうか?



 花を正面近くから見ると
102503.jpg
 こんな感じである。
 


 また真横からはこのように見える。
102504.jpg
 花の長さは1cm程度である。

 この冬の散歩コースは6月末頃から歩いていない。
 もっと足繁く通えば、早い時期に発見できたかもしれないのだが、どうしても🐍に弱い自分としては歩く気になれない。
 それにしても、花はよく見ると他のシソ科の花、例えば、バジルとかヒソップとか、セージの花に似た素敵な花である。
 
 この冬の散歩コースは、つくばフォレストクラブの皆さんによる雑草の刈込み、遊歩道の整備、キンラン・ギンラン等の絶滅危惧種の確認・保護、不要立木の伐採などでかなり整備されてきた。
 来年は、年を通して歩いてみようと思うのだが・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント