サザンカ その2

 11月2日にサザンカを取り上げた。
 これは庭の西側にあって、今日あたりはかなりの数の花が咲いていて、いかにも暖かそうである。
 そして先行して咲いた花がそろそろ散り始め、地面もピンクに染まり始めた状況だ。
 
 
 
 
 


 これとは別に、20年程前から庭に東側にもサザンカが根付いている。
 はじめは、椿かなと思ったのだが、花が咲いて初めてサザンカであることが解った。
 ただ、西側のものと比べると実に地味な感じがする。
 先ず蕾はこんな感じで普通のサザンカと変わりはない。
111303.jpg
 右手前の蕾などはもうサザンカそのものである。

 まあ、サザンカなのだから当たり前と言えば当たり前だ。

 
 
 
 
 
 
 
 違うのは花である。
111302.jpg
 なんて言えばいいのだろうか、「一重」と言っても良いのだろうか・・・。
 11月2日に紹介したサザンカが八重であるとすれば、今日のサザンカは一重ということになる。

 このサザンカの特徴は、「日陰に咲く」ということだろうか。
 比較的よく日の当たる上の方ではほどんと花芽をつけない。
 常に自らの葉や他の樹木によって陰になる部分に花芽をつけて咲くのである。
 東側の窓は透きガラスとなっているので、この花の咲いている姿を部屋の中から見ることができる。
 そして木枯らしが吹く中で懸命に咲いている姿を見ると何ともいじらしい感じがする。
 
 
 
 
 
 
 111301.jpg
 花の数も少なくて、毎年10~15輪しか咲かない。
 上に伸びる枝の剪定を繰り返しているため、高さは1m60cm程度となっている。
 それでも今年は、春先にしっかりと根本に肥料を入れたことから、花の大きさがいつもの年より少しだけ大きく、そしてしっかりしている。

 この花が咲くと、なんとなく年末を感じてしまうのは俺だけだろうか。


 ということなのだが、今日午前中はCOSTCOに食料品の買出しに行き、午後に散歩に出たところ、いつも通る小学校が休みとなっていた。
 調べてみたら、今日は茨城県民の日ということで、学校はお休みらしい。
 「1871(明治4)年11月13日に、初めて「茨城県」という県名が用いられたことにちなみ、11月13日を「県民の日」としています」という説明をネットで見つけた。
 ついでに「つくば市民の日」を調べてみたら、11月30日ということが解った。
 県民の日も市民の日も植物園やら美術館やらいろいろな施設に割引が適用されるという・・・・
 それなら『もっと早く言ってよ~』

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年11月13日 21:18
こんばんは!
サザンカも品種に依って色々のようですよ。
前の家に咲いているサザンカは2mほどの木のてっぺんで、
お日様に向かって咲いています (^o^)
おまけの話ですが、概ねサザンカは一重二重の品種を、
八重咲き以上はカンツバキを指すようです。
どっちも山茶花ではあるんですけどね (∩_∩)
ツクバトロプス
2020年11月14日 07:37
そういう区分けなんですね。
まったく知りませんでした。
寒椿って書くので、真冬に咲く椿と思っていました。
庭の藪椿や侘助はいつも春に咲くのでなんで春なんだろうと思っていました。
八重以上の山茶花をカンツバキと言うことだと、納得できます。
いつも貴重なコメントいただきましてありがとうございます。