寒波

 寒い寒いと思っていたら、今季最強の寒波の襲来とか・・。
 そんな中でも今日もしっかり6.5kmの散歩をこなしてきた。
 今月に入って、散歩の距離が今日で100kmを超えた(101.4km)。
 年間では、今日の分も入れると1941kmである。
 残り14日間で59kmを歩けば、自分にとっては初の年間2,000kmに達する 
 \(^o^)/
 
 
  

 さて、今日の散歩の途中で見つけたものはというと
121601.jpg
 時間は午前9時半なのだが、日陰になる場所の植物は凍っているようだ。
 普段見慣れた草が、こんな感じになると、「よく頑張っているね!」と声をかけたくなる。
 
 
 
 

 そしてこれはホトケノザだ!
121602.jpg
 画像では霜が降りたようにしか見えないのだが、パソコンの画面で通常の大きさで見ると氷の結晶が見える。
 寒いわけだ。


 話は2日ほど遡るが、12月14日未明、寅の刻と言うから午前4時頃に赤穂浪士の討ち入りがあった。
 といっても300年程前の元禄15年(西暦1702.3年ころ)12月14日である。
 この年は、季節調整と言うのか、8月が2度(8月+閏8月)あり、正確に今の時代の時期とは結び付けられないのだが、江戸では12月13日から雪が降ったという。
 本当に雪が降ったかどうかは分からないのだが、火事装束には雪が似合と言うことだろうか。
 そしてその降り積もった雪の中をついて、赤穂浪士の47人が吉良邸に討ち入り無事本懐を遂げる・・・最近は少なくなったのだが、昭和の時代は12月になると必ずテレビでオールスターキャストの「忠臣蔵」の映画を競うように流していた・・・という事件があった。
 それにしても、本懐を遂げたあと、本所松坂町(両国)の吉良邸から品川にある泉岳寺までの極寒の13kmをよく歩いたものだと感心してしまう。
 道は雪でぐちゃぐちゃ、足は草鞋である。
 
 コロナ禍が収束したら、来年は討ち入りの日に併せて、この道筋を歩いてみようかと思っている。
 
 
 

 そんなことを考えながら、この寒波も時期的にはしょうがないのかなぁ、と歩いていたら、田んぼ周りの用水路に氷が張っていた。
121603.jpg
 今季初氷である。

 考えてみれば今年もあと半月で終わってしまう。
 そろそろ大掃除をしなくては・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント