フキノトウ

 前回紹介したヤブツバキと黒ワビスケの間にフキノトウが出てきた。
 よく見てみると、全部で3つ顔を出している。

 で二つは既に花が開きかけている。
022701.jpg
 このフキノトウは既に2月に入ったあたりから気になっていたのだがあまりに「蕗の塔」だったので、写真には納めたのだが、開花っぽくなるまで待っていたものである。
 一般的に苞に包まれて中の花穂が見えないものを蕗の塔と言うらしいのだが、それでは写真に撮った時に絵にならないし面白くない。

 つまりこんな感じのものだ。
022702.jpg
 このフキノトウは皐月の下にあってやや日の当たり方が足りない。
 そのせいもあって、いまだ「蕗の塔」を保っている。

 フキノトウと言えば蕗味噌になるのだが、僅か3つしかなくて、しかもそのうち2つは花穂を開いてしまっている。
 蕗味噌を作るのならば今年も近くのJAの農産物販売場を探さねばならないだろう。

 花が咲き始めたところがこれだ。
022703.jpg
 これだけ見ていても蕗の香りがしそうな気がする。
 フキノトウは去年も3個、今年も3個でちょっと使うのはもったいない。
 蕗を増やすためにも今年は採らずにまた来年に期待したいと思う。

 で、蕗味噌なのだが、フキを荒切りにして軽く炒め味噌と味醂を絡めてと思っていたのだが・・・・

 香りと味を楽しむなら、まだ開いていないフキノトウを手で細かくちぎってそれに味噌を和えるほうが良いみたいだ。
 野趣に富むというよりも、金気を避け、純粋に香りと味を楽しむならばこれがベストのレシピということらしい。
 もちろん、酒のツマミにするにはこれが最良である。
 考えるだけでよだれが垂れそうである・・。

 今日は、これから近所のJAを巡って、フキノトウを手に入れてこようと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント