ニガナ

散歩道でニガナを見ることが多くなった。
写真にと思うのだが、ひょろりとのびいぇいて結構風に揺れる。
撮ってもチョットボケたりブレたりしてしまう。


今回はその中から比較的良く撮れたものを紹介したい。
1041701.jpg
なあ、こんな風に咲いているわけだ。
場所は田んぼ周りの舗装道と接した高崎自然の森の斜面である。
背景はほどんとがスギナである。





1041702.jpg
花は原則として5枚花と書きながら、この写真を見たら、右は6弁花ではないか。
( ゚Д゚)
茎はスーッと伸びたあと枝分かれしてその先頭に花をつける。
キク科の多年草と言うことだ。

ニガナは漢字では「苦菜」と書く。
茎を折ったときに出る汁が苦いところから付いた名前だ。

ただこのニガナ、嬉しいことに食べられるというのだ。
山菜というほどのものではないのだが、葉や茎はおひたしや油いためで食べることができるようだ。
「試食!」などと言いながら、油いためなどで食べてみたい気はするのだが、残念なことにニガナ自体の採取ができない。
高崎自然の森の斜面なんで、やっぱり植物採取禁止に引っかかってしまう。
散歩道ではほかにあまり見ないので、油いためにするだけの量を揃えるのは難しいかも。





ところで、今年も・・・6枚の花弁を持つものを見つけてしまった。
(もちろん、上の写真のものも含めてである。)
1041703.jpg
この6枚の花弁を持つものはそれほど珍しいわけではないらしい。
チョット真剣に探せばすぐに見つけることができるからだ。

花自体から受ける感じは「清楚」かな。
茎が細くてしなやかなこと、花びらの色がクリアーで重なることもなくすっきりしていること、などで好きな花の一つである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント