コメツブツメクサ

散歩コースの田んぼ周りにびっしりとコメツブツメクサがある。
「ある」としたのはグランドカバーみたいになっていて、他に表現のしようがないからだ。
そのグランドカバーに小さな黄色いツブツブが目立ってきた。
しかし、いつもこのグランドカバーを見ているので、それが普通だと思っていた。

ところが、すこし散歩道を替えてみると全く違ったコメツブツメクサがあるのに気が付いた。
1041901.jpg
これはグランドカバーではなくてしっかりと立ち位置を確保して咲いているものだ。
始めはコメツブツメクサと分からず、もしかして「新種?」なんて勝手に思っていたのだけれども、よく調べてみたらやっぱりコメツブツメクサであった。
それほど、普段見ているものと比べて異なっていたわけだ。


チョット大きな写真を見てもらいたい。
1041903.jpg
花が綺麗である。
今まで気にしていたものは、道路わきでかつ田んぼ脇にあったので、写真を撮っても結構汚れが目立っていた。
何時撮っても、何枚撮ってもなかなか気に入ったものが得られず困っていた時にこれを見つけたわけだ。
場所は稲荷川の土で築いた堤防のところである。

この花を見てコメツブツメクサに対してのイメージが変わった。
今までは「小さくて、チョット汚れていて撮り難くい植物。」と思っていた。
それが、「撮る意欲に火をつけてくれて撮り甲斐のある植物」という感じになった。

調べると、マメ科シャクジクソウ属の花ということらしい。
で、シャクジクソウ属って?と思ったら、一般的に言うクローバーのことらしい。
ヨーロッパ原産の帰化植物ということだ。
別名に「キバナツメクサ」がある。


でもう一枚別の花を撮ってみた。
1041902.jpg
やっぱり綺麗である。
青春という言葉が似合いそうな花である (;^ω^)

さて、コメツブツメクサもクローバーの一種なので三つ葉なのだが、これにも四つ葉があるのだろうかとふと思ってしまった。
自慢ではないが、散歩に出かけて道端にクローバーがあると「今日こそ四つ葉のクローバーに会えるかも!」と期待しながら、その場所だけゆっくり歩いて探しているわけだ。

だが、そんな探し方をしていては見つけようもないほどこのコメツブツメクサの葉は小さい。
老眼が進んだ自分にとって、更に足を止めてグランドカバーをまさぐりながら探すことは難儀である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント