テーマ:

ノイバラ

散歩道の土手で白くて小さい花がかたまって見えるのはノイバラである。 白が強すぎて、ちょっと上手く撮れなかった。 少し近寄って撮ったものはこれだ。 咲き始めは綺麗な花である。 雄蕊がこれだけ沢山あって、黄色いのだが、遠くから見ると花びらの白だけが目立つようだ。 名前の由来を検索していたらWikip…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハタケニラ

散歩途中にある田んぼ際の農道に、見たことがあるようなないような花が咲いていた。 ニンニクの花でもないしもちろんノビルでもない。 Googlelensで確認すると「ハタケニラ」と出た。 花自体は清楚と言うかすっきりした花で花グキの先端から数輪の蕾が出て花が咲いているようだ。 花びらの外側にやや褐色っぽい線があって、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナワシロイチゴ

散歩の途中で一番困ることは花を見付けても名前が分からないことだ。 ところが、最近のGooglelensの進化によって、100%とまでは行かないのだがほぼ花の名前を確認することができるようになった。 併せて、そこからのネット検索で、さらに詳細な情報を掴むこともできる。 今回アップする花、ナワシロイチゴも上記例によって確認できたも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハニーサックル

やっとハニーサックルの花が咲き揃ってきた。 散歩で歩く道端の藪の中に、他の木などに絡まって花をつけだしてきた。 和名はスイカズラという。 あるいは忍冬(ニンドウ)ともいう。 はじめに白い花が咲いて、時間が経つと次第に黄色に変わる。 それが白と黄色がいっしょに咲くように見えるところから「金銀花」とも言われている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニワゼキショウ

昨日は午前中に7.8kmを歩き、そのままシャワー。 それからCOSTCOに行き食料品の買出しをしてきた。 更にCOSTCOからの帰りにUNIQLOにてパーカーを購入、最近のユニクロって、ちょっと高くない? 散歩の途中の花もだいぶ変わってきて、今回はニワゼキショウである。 まあ、一番目に付く色が赤である。 道端でも、公園…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノアザミ

昨日は午前中に7.8kmを歩いた。 昼食を摂って、午後1時から3時半まで庭の草取り、疲れた。 草取り中に。ドクダミが開花していたので、近日中にアップの予定である。 今回は、ノアザミである。 ノアザミって花も葉も綺麗である。 咲いている場所は、高崎自然の森の休憩所のあるすぐそばである。 毎年同じ場所に咲く。 まだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムラサキカタバミ

昨日の散歩時に、道端によく見かける花を見付けた。 「よく見かける花を見付けた。」って意味が難しいのだが、見つけた花は我が家の庭でよく見かける花に酷似していた。 取り敢えず道端で見つけた花がこれだ。 はじめは写真も撮らずに通り過ぎた。 数十メートルにわたってポツンポツンと咲いている。 『庭の花ってなんちゅう名前だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマボウシ

ゴールデンウィークが終わってしまった。 何もすることができなかったのでちょっとガックリしている。 ただ、考えてみると、1年約52週、全部がゴールデンウィークの自分であることに気が付き、別に5月初旬の数日間のゴールデンウィークなんぞ気にする必要もないということになる。 もうこんな生活が10数年続いているわけだが、それでも、ゴール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャイブ

昨日は結構風が強かった。 散歩帰りに畑に寄って見たところ、チャイブが花盛りであった。 チャイブと言ってもなじみがないと思うが、和名は「セイヨウアサツキ(西洋浅葱)」である。 ネギの仲間ということになる。 ヨーロッパ~シベリア原産で、世界で一番小さなネギとも言われ、西洋料理ではいろいろに使われているようだ。 花自体は4月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オランダワレモコウ

ゴールデンウィークなのに遠出ができず、やむを得ずいつもの散歩コースで我慢している状況である。 今日は「筑波実験植物園」行こうと思って調べたら開園はしているのだが・・・ 「国や地方公共団体の方針を踏まえ、当面の間、緊急事態宣言区域及びまん延防止等重点措置区域からのご来園は自粛を検討下さいますようお願いいたします。」 との断り書きがホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コバンソウ

10日ほど前から気になっている植物がある。 散歩道のほんの一カ所だけにあって、その姿から「コバンソウ」と呼ばれる植物だ。 なんとなく金が貯まりそうな名前で縁起も良い。 このような形で、小判に似た小穂を垂れるようにたくさんつける植物である。 ちなみに、撮影日は4月20日である。 調べてみるとイネ科の植物とある。 同じ日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イヌガラシ

4月30日に高崎自然の森に行った帰り、出口のところで黄色い花を見付けた。 通り過ぎたのだが、チョットだけ周りよりも背が高いのが気になってUターンして確認してみた。 しかし、花の名前が分からないので早速Googlelensで確認してみた。 幾つかの候補があったのだが、なんとなく「イヌガラシ」がぴったりと合うようだった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハナヤエムグラ

昨日は、月初と言うこともあって、夏の散歩コースプラスαの10.5kmを歩いてきた。 久し振りの夏コースだったが、田んぼ周りの草は綺麗に刈り取られていて、なかなか花を見付けられない。 結局、帰り道の運動公園までおよそ1km辺りのところでハナヤエムグラを発見した。 歩いていてコメツブツメクサとかアメリカフウロはやたら目に付くのだが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モモイロヒルザキツキミソウ

最近、就寝時間が早まってきた。 2月頃までは午後9時頃だったのだが、ここにきて午後8時頃にはベッドに入り、その瞬間に眠ってしまうようになった。 先日など、夕食を終えて、ちょっと横になってから頑張ろうと思ったのだが、そのまま朝を迎えてしまった。 横になった時間は午後6時50分頃である。 その結果、朝が早くなる。 この1週間ぐらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハハコグサ

今日は、ちょっと無理して10.5kmを歩いた。 その結果、4月の散歩積算距離は207kmとなった。 これで、去年12月から連続して200km超えとなり、明日から始まる5月の散歩への弾みがつく。 散歩の途中で目立ちだした花の中にハハコグサがある。 漢字では「母子草」と書く。 何か悲しい運命を背負った感じの命名のようだが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シラン

今、庭の花の中で最も艶やかなのがシランである。 いつからかは分からないけれども、だんだんと数を増やして狭い庭の南の一角を占拠するようになった。 かつてはエビネを植えてあったところなのだが、いつの間にかエビネは消滅してしまった。 繁殖力は凄い。 初夏、と言っても7月頃に、花が終了して茎だけになった花茎を抜くようにし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユウゲショウ

今日は朝から雨が降っていたので散歩はあきらめた。 ただ、昨日までの累計で、4月は散歩だけで197kmを歩いてきた。 今日こそは200kmを超えれるものと楽しみにしていたので、それがちょっと残念だ。 明日は天気も回復するらしいので、ギリギリ月末最終日で200kmを達成できるかもと思っている。 で、最近の散歩で出会った花がユ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オヤブジラミ

昨日の散歩中に極々小さい花を見つけた。 草丈は50cm程度だろうか。 取り敢えず写真に収めた。 多分「オヤブジラミ」だろう。 花自体はすっきりした感じである。 この花の下の部分が種となるらしく、それがひっつきむし、この場合はシラミのように衣服にくっ付くので、この名前が付いたということだ。 じゃあ「オ」はということ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キツネアザミ

散歩道の途中の開けた田んぼ脇、と言ってもチョットだけ耕作放棄地みたいなところあって、そこにアザミっぽい花が咲いていた。 スーっと立ち上がった姿は、他に高い草花がない中ですっきりしているように見える。 調べてみると「キツネアザミ」だという。 花はこんな感じで咲いている。 さらに調べると、アザミではないという。 アザミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マムシグサ・・・訂正 m(__)m

4月21日にマムシグサを取り上げた。 その中で以下の記述をした。 ところで、苞(仏炎苞)の中はどうなっているのだろう?? 最初に茶色い苞の方だ。 いかにも身体に悪そうな色の花である。 この直立しているものが「花」と言ことだけども、どうも信じれない、信じたくない。 秋になれば、これが紅い実がなるので、「これが花です。」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムラサキツユクサ?

朝一番でムラサキツユクサをアップした。 綺麗な花なのだが、今回もムラサキツユクサである。 よく分からないのだが、多分「シロハナムラサキツユクサ」とでも言うのだろう。 これはムラサキツユクサの花の紫色の濃い・薄いだけでは解決できない色である。 きっと他の植物でもあるように「シロハナ~」なんだろうなぁと思った次第だ。 まあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムラサキツユクサ

昨日は、風が冷たい中、いつも通りの7.8kmを歩いてきた。 途中、田んぼ脇に生えていたムラサキツユクサに目がいった。 『こんなに早く咲くんだっけ?』 と思った訳だ。 いつもなら5月に入ってからだと勝手に決めつけていたのだが、今日の風の冷たさは別としても、今年の冬から春は暖かかったのだろう。 実は10日以上前からここに咲いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トキワハゼ

ここにきて「庭シリーズ」が続いている。 タイム、オオツルボ、ツメクサとほぼ連続して庭の花を紹介したが、今日はトキワハゼである。 トキワハゼの漢字は「常葉爆」とか「常盤爆」とか書かれている。 何が正しいのか分からない。 これはたまたま花茎が立ち上がって咲いていたものを撮ってみた。 未だ庭の手入れをしていないので、トキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マメグンバイナズナ

昨日も7.8kmの散歩をしてきた。 高崎自然の森の東屋で休憩した後、『さて帰ろう』と思ったところで、小さな花を見つけてしまった。 若干、ナズナっぽかったけどナズナよりも花が小さくて形が良く見えない。 取り敢えず写真に頼った。 ナズナについては2月末にアップしたのだが、花がひとまわり小さい感じがした。 そこで、も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツメクサ

昨日、庭のオオツルボを撮っていたら、やたらに小さい花があるのに気が付いた。 畑が終了したら庭の手入れもと考えていたのだが、庭のあちこちに細い葉(?)の草が伸びていてその先端に見えないように小さい花をつけている。 取り敢えず、写真を撮ってみた。 これは我が家の庭だけでなく、道端や公園、広場など、どこにでもある植物である。 恥ず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオツルボ

庭に1株、シラー・ペルビアナがある。 20年近く植えっぱなしだが、毎年、超綺麗な花をつけてくれる。 今年も花に気が付いたのが4月9日。 で、今回は、このシラー・ペルビアナの紹介である。 先ず、花を見てみよう。 和名はオオツルボという。 漢字では「大蔓穂」と書く。 もう少し寄って撮影してみた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツリガネズイセン

今日も、腰痛に耐えながら7.8kmを歩いてきた。 腰痛はかなり良くなっていて、あと2日もすれば直りそうだ。 ただ、そのころにまた畑仕事が待っているので、直る⇒痛いの繰り返しになりそうだ。 そして今年もツリガネズイセンに会ってしまった。 スッキリしていて綺麗な花である。 まあ、自分が青い花が好きということもある。 黄色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タチジャコウソウ

散歩から帰宅後、シャワーを浴び、気になっていた庭の花を観察に。 何かといえば、10日ほど前に開花したタチジャコウソウである。 こんな和名難しすぎてわからん!人には「タイム」という名前のハーブである。 それでも??とい場合はサイモンとガーファンクルの「スカボローフェア」の歌詞に出てくるハーブである。 まだ満開とは言えないのだが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケキツネノボタン

今が盛りと咲くのがケキツネノボタンだ。 キツネノボタンorケキツネノボタンという見分けが難しいので、今回はケキツネノボタンではないかということでアップしたい。 散歩途中で田んぼ周りや、水のない窪みに多く生えていて目を楽しませてくれる。 今年は3月末ころに開花していた。 綺麗な花なのだが、キンポウゲ科と言うことで有毒植物で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノヂシャ

一.昨日の散歩の帰りに、田んぼ側の土手にちょっと青い花を見かけた。 というよりも、小さい花がいっぱい集まっていて、それが青く見えたのである。 カメラの性能が悪いのか、俺の目が悪いのかわからんが、この花の群れ集まったものが青く見えたわけだ。 名前が分からなかった。 このような場合、スマホのGooglelensで大体の名前を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more