入院 11  7月15日

入院してから何日が経ったか計算するのも飽きてきた。

しかし、しっかり計算してみると、今日で24日目となるのである。

入院もそろそろ終盤に入りだし、それなりの準備や覚悟が必要になってきた。

【病室入り口の手の消毒用アルコール】
画像


昨日、主治医から
「16日、火曜日に検査を行います。」
という話があった。

その時患者Aは青ざめた顔で先生を見上げたのだろう・・・
先生からは
「いや、レントゲンと採血、あと、眼科の検査ですよ。」
とこともなげに言葉が投げかけられた。

患者Aはそこでかなり安心したわけである。
「はい、よろしくお願いします。」
となったわけだ。
が、心の中では「眼科検査?って何をやられるのだろう?」という漠然とした不安が残っているのも確かである。

【歩きの中間地点にあるナースステーション】
画像


その後の先生の話をまとめると、何かこの検査で退院の方向に向かっての最終調整をするらしい。
それはそれで大変ありがたいことである。

さて、その退院を担保するための歩行による肺の回復リハビリが始めた。
というよりは、先生のアドバイスを受けて、勝手に始めたものである。
これは先週月曜日、つまり、7月8日から始めてみた。
歩くことにより、肺に多くの空気を入れ肺活量を増やす効果と、肺の活動を健常時に近づける効果も狙ってのものである。
また、2週間以上ベッドに寝たきり状態であったので、足腰の筋肉の再生とそのリハビリも兼ねての対応である。

【その先にある入院者用食堂ーー昼間は面会などに利用】
画像


日々の歩行距離は以下のとおりである。
ただし、これらは1回で歩いたのではなく複数回に分けて歩いた結果である。
7月8日    600m
7月9日   1140m
7月10日  1800m
7月11日  2400m
7月12日  2680m
7月13日  2930m
7月14日  5700m

日を追うごとに距離が延びているのは、患者Aのド根性である。
必ず前日よりも多く歩くことを目標にしているからだ。
ただ、問題は今日以降更に距離を稼がねばならず、そろそろ限界との声も聞こえてきている。

1週100m強のコースを歩くわけだが、常に一定の速度で歩こうと思いラップを取りながら歩いている。
大体、1周は早いときで75秒、ゆっくり歩いて90秒程度である。

最初の10周程度はそれなりに肺に違和感を感じるのだが、10周を過ぎるあたりでスーッと呼吸が楽になり15周ぐらいからは健常時のような感じでの呼吸で歩けるようになる。
いわゆるランナーズ・ハイといわれる現象の「歩き」版、ウォーカーズ・ハイということになる。
この「歩き」を始めてから、一日を通して呼吸が楽になってきたことはいうまでもない。
それなりに効果が実感できるリハビリというものは、リハビリをするものにとって強い味方となることがわかった。

今日は午前中に2700mを歩き、午後、つまりこれから同様の距離を歩くことにしている。
そして、夕食が終わったあとに更に1300m程度歩くことにしよう。

そんなことを考えていたら昼食の時間になった。

【本日の昼食ーーおお、初スイカ】
画像


料理の数がが多いようだ。
メニューを確認すると、ひじきわかめご飯、冷シャブ、がんもの煮物、おくらのお浸し、スイカとなっている。
そしてトレイには「海の日」のタグがおいてある。
うれしいサービスだ。

【海の日のタグーー印刷されたものだけどやっぱり嬉しい】
画像


1か月近く入院していると月日の感覚が薄れる。
しっかりとこのようなタグを入れてもらうと頭の中で月日の修正ができ、とても有難いものである。

ということで、そろそろ退院の話が現実化してきたところである。
問題は、血糖値のコントロールをどのようにするかであろう。
これは最終的に代謝内科の先生の判断となるらしいのだが。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

長引きますね・・・
2013年07月16日 11:30
おはようございます。
眼底検査はぜ~んぜん苦しくないですよ。
糖尿病に対しての検査かしら?
ツクバトロプス
2013年07月17日 04:24
痛くありませんでした。
一つは糖尿病網膜症関係
もう一つはステロイド使用に掛かる緑内障予防
ということです。
網膜症はまったく問題なしということでした。
緑内障は、とりあえずOKということですが、金曜に「視野検査」すると言っていました。
ありがとうございます。

この記事へのトラックバック