十二単

散歩の途中、つまり、高崎自然の森から

舗装された農道に出て5分ほど歩いたところで

この花を見つけた。

032811.jpg

同じものは高崎自然の森の中で

何株か確認したが、花穂も立っていなかったし

もちろんは花は咲いていなかった。



場所的に言えば・・・・

南向きで日当たりがよく風もそれほど当たらない

穏やかで暖かな場所だ。








花穂は

032812.jpg

てな感じで、

花は穂の下から徐々に咲いてくるようだ。




が、ここで、この花の名前を忘れてしまったことに気が付いた。

どうしても思い出せない。

毎年見る花だし、その都度、調べていて

とっくに名前を覚えていたはずなのにぃ!!!






まあ、しょうがないので一番下に咲いていた花を

顕微鏡(?)的撮影をして帰ってきた。

032813.jpg


そして山渓の「春の野草」で調べてみたところ

「十二単」・・・ジュウニヒトエであった。

本にはちゃんと付箋が張ってあって

去年も見たのに~と思った次第。




名前の由来は

「花が重なって咲く様子を、宮中の女官の正装、

十二単に見立てたもの」

との解説がありました。

結構、野草って優雅な名前が多いのに驚き

( ゚Д゚)





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント