虞美人草?

この季節からよく見る花にヒナゲシの花がある。

と言っても、よく見るのはナガミヒナゲシと言われる種類で

道端や野原にやたらに生えているオレンジ色のものだ。

041101.jpg

こんな感じで、どこでも見つけることのできる花である。




花が終わると実をつけるが、一つの実に

1600個もの種があって、

1年草とは言いながらその繁殖力は凄いらしい。

しかし・・・・

花をよく見ると

041102.jpg

何とも素敵な花ではないか!

ヒナゲシは虞美人草との別名があるのだが、

ナガミヒナゲシだって十分美人である。




虞美人草と言えば夏目漱石なのだが

20歳代前半で読んだ記憶があるのだが、

すっかり内容は忘れてしまった orz

今更読み返すのも苦痛である。

041103.jpg

で、このナガミヒナゲシなんだけれども

花が終わった後、実をつけるわけだ。

その実が普通のヒナゲシに比べて長いので

ナガミヒナゲシの名前がついたとのこと。

もう少し季節が進むとこの実が目立つのだが、

確かに長い・・・・



ところで、

ビリーバンバンの「悲しみの中で」という曲の最初に

「ヒナゲシの花を散らしたのは誰

それは通り過ぎた冷たい風」

っていうのがあるんだけど

今日の風は晴れた天気に似合わずちょっと冷たい風だった。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント