クサギ

 なにか梅雨が明けたような今日の爽やかな晴天だ。

 午前中に散歩に出かけたのだが、そよ吹く風が乾燥していて直射日光を浴びてもそれほどの暑さは感じない。
 当初、7.9kmの予定で出発したのだが気持ちの良さに9.9kmまで距離を伸ばしてしまった。
 自宅を午前9時半出発で帰宅は11時50分、途中25分ほどの休憩を取った。

 途中で、この間から『これってなんだったけ?』と分からなかった花の名前に気が付いた。

 ずーっと蕾と言うことでを見て考えていた花である。
  蕾ではなく「萼(ガク)」というご指摘を受けました m(__)m 、以下「蕾」の記載については「萼」と読み替えお願いします。(8月2日訂正)

 蕾はこれだ。

080100.jpg

 この半月ぐらい結構モヤモヤしていてもどうしても思い出せない。






 ところが今日花が咲いているのを見てひらめいたわけだ。

080101.jpg

 クサギである。

 葉を揉んだり茎を折ったりすると独特の匂いがすることから「クサギ」とつけられたと覚えていた。
 何時も花ばかり見ているので、蕾を見て何の花だか分からなかったことに反省しきり!!
 それに加え、葉っぱを見ていて『??』ってなっていたことも迂闊であった
 orz




 で、花を接写したものがこれだ。

080102.jpg
(画像をクリックすると最大1280×1297pixelの画像が見れます。)


 葉や茎は独特の匂いがするのだが、花はとても良い香りがする。
 このことは今まで知らなかったのだが、今日、道を歩いていて風が甘い香りを運んできたので周りを見回したらクサギの花が大量に咲いていた。
 手に取って香りを確かめたら甘い香りであった。





 ところで蕾も花も素敵なのだが、秋になって実になるとこれもすごい。

100704.jpg
 この写真は2017年10月7日アップの自分のblogからの引用なのだが、派手と言えば派手で、どぎついと言えばどぎつい。
 目立ちがり屋さんって感じなのかなぁ?



 と言うことで、今回は、クサギの紹介であった。
 一言で言えば、蕾はかわゆく、花は清楚で華麗、実は厚化粧?って言うイメージなのかな?

 それにしても名前が可哀想過ぎる感じがする。






【追記】2020-08-02

 蕾だと思っていたものが「萼」と言うことで、本日、昨日撮影した場所に行って、この状況がよくわかるものを撮影してきた。

080199.jpg

 なお、「萼」について「花弁の外側に部分で、花が蕾のときに包んでいて守るもの。大型で美しく花弁と区別が付かないものもある」という記載があった。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年08月01日 21:40
こんばんは!
どれも綺麗に撮れているので楽しいです (^o^)
ついでに・・・ 一枚目の写真、蕾ではなく閉じられた萼なんです。
この中に蕾が隠れています。
二枚目、三枚目には、花の隣に蕾が写ってます。

おまけ:昨日UPした私の「クサギ(臭木)」も見て頂けたら嬉しいです。
私のブログの宣伝をしてしまった (^_^;)
ツクバトロプス
2020年08月02日 06:24
無名子さん ご指摘ありがとうございます。

「萼」だったんですね。
ご指摘を受けたときは思わずガクッてなってしまいました。
早速、何らかの形で訂正を入れさせていただきます。
ありがとうございます。
また間違い等、気が付かれましたら、ご教授いただきたくよろしくお願いいたします。