センダングサ

 昨日は、稲荷川河口の三日月橋までの往復9.5kmの散歩だった。
 途中、暗い林の中を通ったり、東林寺城の跡地(今は畑となっているが空堀等が残っている。)を通ったりでそれなりに変化に富む散歩であった。

 その途中でセンダングサをみつけた。
101401.jpg
 センダングサはいろいろ種類があって見分けるのも覚えるのも大変なんだけれども、これは単にセンダングサと呼ばれるものであろう。
 
 
 
 
 
 「・・・であろう。」としたのは、葉の形が少し違っているような気がして、センダングサと言いきれる自信がないからだ。
 その葉なのだが----
101402.jpg
 センダングサという命名は、栴檀(センダン)の木の葉に、この草の葉が似ているから付いた名前というのだが、この写真の葉はどう見てもセンダンの木の葉には似ていないような気がする。
 
 と言っても、花はセンダングサの花で間違いがないだろう。
 もしかしたら、「コバノセンダングサ」かも?と思ったのだが確証が得られなかった。
 ただし、葉の形、花の周りの総苞片がやけに長い等を考えると、コバノセンダングサと言っても良いのかも。
 それにしても、センダングサはよくわからん、トホ
 

 さらに花の写真を追加すると
101403.jpg
 
 
 
 
とか
 
 
 
 
101404.jpg

である。
 
 
 
 

 
 
 センダングサは幾つか種類があるのだが、取り敢えず、こんな感じだ。
101405.jpg
 全体でセンダングサ・・・総称としてアップしてみた。

 でも、やっぱり、コバノセンダングサかなぁ。
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い 面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

2020年10月14日 08:49
おはようございます。
センダングサと言うには抵抗有るんですが、一番近そうですね。
近辺に同じ様な花があれば、
そちらを確認してみるのも方法の一つかと思います。
最後の4枚組、コセンダングサとアメリカセンダングサ(右上)だと思います。
ツクバトロプス
2020年10月14日 12:31
いつもご教授いただきましてありがとうございます。
これが咲いていた場所は自宅から歩いてしか行けない場所で、約4kmの場所です。
流石に連日、往復で8kmの散歩はきついので、次回、季節が移らない前に行ってみて確認したいと思います。
ありがとうございます。