カラスノエンドウ

しばらく、白や黄色の花が続いたので、そろそろ、終期に入ったカラスノエンドウの赤い花をアップしてみた。
1041511.jpg
春って、意外に赤っぽい花が無くて、先日アップした薄紅の「カリン」の花は木の花であって草の花ではない。

このカラスノエンドウの花の写真はだいぶ前に撮影(3月28日撮影)したものだったのだがチョットアップを遅らせていた。




次の写真もその時に撮ったものだ。
1041512.jpg
これは花を横から撮ったものなのだが、パッと見、鳥が大空へ飛翔するときのようにも見える。
これで、なんとなく「カラス」が飛び出す瞬間ではないかと、無謀にも勝手に考えてしまった。

そうなると、この花の名前の「カラスノエンドウ」のうちの「カラス」の部分は満たされることになる。


じゃあ、「エンドウ」はってことになるのだが、それを写真に納められるまで待っていたわけだ。
これがエンドウ=果実である。
1041513.jpg
大きさこそ違えまさにエンドウ豆にそっくりである。


つまり、カラスノエンドウとは・・・新説・・珍説として

①花を横から見たときにカラスが飛び出す瞬間のように見えること
②花後に結実する果実がエンドウ豆のように見えること

から命名された名前だと言っても通じるのではないかと思った次第だ。
まあ、全くの「嘘」なのだが m(__)m





実際は、というよりも、本当の命名については、花後の種子の莢が熟すと真黒くなって、それをカラスの黒に見たてて付けられた名前である、とされている。


0516z.jpg
参考までに、昨年、3月にカラスノエンドウをblogにアップした後、更に5月16日に追記として追加した写真を縮小して掲載してみた。

まさにカラスの羽の黒光りするような色になっている。

ただ、この通説だと、花に対して全く考慮がされておらず、きれいな花に対して申し訳ないような気がしてしまう。

ということなので、時には花の色・形を愛でて珍説を唱えるのも許されるのかな、と思っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント